日本で起こったオンラインカジノに関係する3つの事件

オンラインカジノで遊ぶことは違法ではありませんが、過去にはオンラインカジノの運営者やプレイヤーが逮捕された事件が発生しています。
オンラインカジノというギャンブルが、日本でも知名度を上げてきた2016年、立て続けに3つの事件が起こりました。

入出金用の口座を提供していた「NetBanQ事件」、日本人に特化したオンラインカジノで違法性が問われた「スマートライブ事件」、そして国内に胴元がいた「ドリームカジノ事件」の3つです。

そこで今回は、実際に日本で起こったオンラインカジノに関係する3つの事件についてそれぞれまとめてみました。
グレーゾーンのオンラインカジノだからこそ、事件に巻き込まれないためにも、どういった経緯で事件に発展してしまったのかを知っておきましょう。

NetBanQ事件

NetBanQ事件
NetBanQ事件とは、オンラインカジノへの入手金が可能な口座を提供し、顧客にオンラインカジノをプレイさせていた事件です。
オンラインカジノへの入手金手段としてエコペイズやアイウォレットなどが有名ですが、NetBanQもこれらオンライン決済サービスに分類されます。
実際にNetBanQがオンラインカジノを運営していたわけではありませんが、賭博が違法の日本国内でNetBanQを運営し、オンラインカジノをプレイできる環境を提供していたため警察により胴元と見なされ、逮捕に至りました。

ニュースではNetBanQ運営者だけが逮捕されたかのように報道されていましたが、実際には顧客リストから利用者が特定され、家宅捜索に入っています。
プレイヤーは単純賭博罪で略式起訴となり、10~20万円の罰金刑となりました。

しかし略式起訴を受け入れずに裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーもおり、なんと不起訴処分になったのです。
不起訴処分、つまり無罪にはなりましたが、同じようなトラブルに巻き込まれないためにも、無名のオンライン決済サービスやオンラインカジノの利用は避けるようにしましょう。

スマートライブ事件

スマートライブ事件
スマートライブ事件は、海外のオンラインカジノで遊んでいたプレイヤーが初めて逮捕されたオンラインカジノ関連の事件です。
スマートライブは合法国政府から発行されたライセンスを所持している合法オンラインカジノであり、決して違法で運営していたわけではありません。

ではどうして日本人プレイヤーが逮捕され、どうして本人が特定されてしまったのでしょうか?
実はスマートライブでは日本人女性のディーラーを採用しており、日本語でコミュニケーションが可能で、さらに日本時間の夕方から深夜に合わせてゲームが開催されていました。

このような日本に特化した運営スタイルから、警察によって「胴元は日本国内にいる」と見なされ、プレイヤーの逮捕に踏み切りました。
逮捕されたプレイヤーは、スマートライブとSNSのIDを同じにしており、警察がSNSの運営会社に情報開示請求し、本人が特定されたのです。
最終的に単純賭博罪が適用され、略式起訴で罰金刑となりました。

ドリームカジノ事件

ドリームカジノ事件
ドリームカジノ事件とは、日本国内で運営していたオンラインカジノの運営者が逮捕された事件です。
そもそもドリームカジノはキュラソー島政府機関が発行するライセンスを取得しており、オンラインカジノとしては違法運営ではありませんでした。
しかし日本の法律上、国内でオンラインカジノを運営することは認められていらず、ドリームカジノは大阪に拠点を置いていたことから逮捕に至りました。

ドリームカジノで遊んでいたプレイヤーも警察によって特定されましたが、電話による警告と指導のみで終わり、逮捕されることはありませんでした。
そもそもドリームカジノは、拠点を海外に置いていると偽って運営していたため、ある意味プレイヤーも被害者と言えます。

しかし警告と指導を受けた以上、建前上は被害者とはならず、警察の判断によっては単純賭博罪で逮捕されてしまう可能性は十分にありました。
このことから、いくらライセンスを所持していても適当にオンラインカジノを選ぶのではなく、海外に拠点を置く大手オンラインカジノから選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、実際に日本で起こったオンラインカジノに関係する3つの事件をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
オンラインカジノは確かに法的には違法ではありませんが、法律が存在しないのですから、「オンラインカジノは合法だ!」と言い切ることはできません。

そんなグレーゾーンのギャンブルですので、ちょっとした勘違いや間違った行動をしてしまうと、逮捕されてしまう危険があります。
それぞれの事件の教訓として、NetBanQ事件は「日本国内で運営するオンライン決済サービスを利用しない」、スマートライブ事件は「日本人特化のオンラインカジノでは遊ばない」、ドリームカジノ事件は「所在地がハッキリしないオンラインカジノでは遊ばない」、以上を覚えておきましょう。

ベラジョンカジノやカジ旅、インターカジノ、カジノシークレットなど、世界中に知名度のある大手オンラインカジノでしたら安心安全に日本国内でも遊ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です