ジパングカジノで遊べるゲームや入出金方法

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは
日本ではIR法案が可決されたとは言え、現時点でどこにカジノを開設するかは決まっていません。
そのため、カジノを楽しむには外国に行かなければならないのです。

では、カジノが実際に認められるまでは、日本でカジノを楽しむことはできないのでしょうか。
実は、日本国内でもカジノを楽しむことができます。

その方法が、オンラインカジノです。
オンラインカジノというのは、オンライン上で入金をしてルーレットやスロットなどを楽しみ儲けた分を実際に出金できるものです。

オンラインカジノサービスによっては、実写で楽しめるところもあるので、本当にカジノ場で遊んでいるような気分になれます。
オンラインカジノと一口に言っても、そのサービスは様々にあるため特に初心者はどこで遊ぼうか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、ジパングカジノです。
ここは多くの人に人気で、日本人にも遊びやすいカジノとして知られています。
今回、ジパングカジノの特徴や遊べるゲーム、入出金方法について解説します。

ジパングカジノの特徴

ジパングカジノの特徴
・スマートフォンでいつでもどこでも楽しめる
最初に紹介する特徴は、スマートフォンでいつでもどこでも楽しめることです。
オンラインカジノの多くは、パソコンで遊べるようになってはいますがスマートフォンに対応しているものは多くはありません。

そのため、パソコンを持ち運ぶか自宅で遊ぶかに限られて、比較的遊びの幅が制限されていると言えます。
その反面、ジパングカジノではスマートフォン対応していますので、インターネット環境さえ整っていれば出張先など好きな場所でプレイできるのです。

実際プレイヤーの半数以上がスマートフォンを利用していると言われており、今後より一層遊びやすくなるのではという声も少なくありません。

・外国語が分からなくても安心
ジパングカジノもそうですが、オンラインカジノは日本ではなく外国で運営されています。
そのため、どうしても外国語で表記されることになり、外国語が分からなければ遊べないサービスも多くあります。

ところが、ジパングカジノは名称からも分かる通りジパングとあることから、日本人に遊びやすいように設計されているという特徴があります。
24時間運営が日本語でサポートしてくれますし、電話はもちろんチャットでも問い合わせができるので直接不明な点を聞くのは苦手だという人におすすめのカジノです。

サービスの内容は日本語に訳されていますが、所々おかしなところもありますので、そういった時にサポートしてもらうと良いでしょう。

・魅力的なボーナス
オンラインカジノでは様々なボーナスがもらえます。
それはジパングカジノも例外ではなく、ジパングカジノのボーナスに惹かれてここで遊ぶようになったという人も少なくありません。

ジパングカジノのボーナスとして、まずは初回入金ボーナスが挙げられます。
これは、初回に限り入金をした人に入金額100%をボーナスとしてもらえるものです。

入金して遊ぶという条件ではなく、ただ入金するだけで良いので最も簡単に参加できるボーナスです。
また、セカンド入金ボーナスも魅力的です。
これに参加する条件は初回入金ボーナスを獲得した人のうち、ゲームに負け続けてしまった場合で再び初回入金ボーナスと同じ内容のボーナスをもらえます。

一度チャンスを逃しても再び同じ内容で提供してもらえるので、これだけ手厚いボーナスは他にはないとも言われています。
さらに、日曜日にしかもらえない生ものボーナスやスロットをプレイする場合に限りもらえるスロットボーナスも人気です。

上手に活用すれば手元の資金を減らすことなく遊べるので、ジパングカジノを遊ぶ際には参加を忘れないようにしましょう。

ジパングカジノで遊べるゲーム

ジパングカジノで遊べるゲーム
ジパングカジノが提供しているゲームは、世界的にも有名なゲームメーカーが製作したものでスロットやルーレット、ブラックジャックなどを楽しめます。
例えばスロットを見ても、様々なタイプのものを遊べるようになっていてフリースピンの内容や絵柄などはそれぞれ違いがあり飽きずに遊び続けられます。

また、ライブゲームに参加すれば実際のディーラーを前にしてまるで同じ空間で対戦しているような気分になれます。

入出金方法

ゲームで遊ぶには入金しなければなりませんが、エコペイズやアイウォレット、クレジットカードが利用できますので好きな方法で入金しましょう。
見事ゲームで勝って出金できるほど儲けた場合、出金もできます。

出金方法は、入金と同じようにエコペイズやアイウォレットが利用できますが、クレジットカードでは出金できないので注意が必要です。
エコペイズもアイウォレットも初めて出金する際には本人確認が求められ、身分証明書だけでなく補助書類として公共料金の請求書や住民票が必要となります。

メールに添付して送信するだけで簡単なのですが、あまりに古い時期の補助書類だと再提出になるのでできるだけ新しい情報のものを準備しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です